TEL:0578-82-1112

MENU

社長メッセージ

社長メッセージ

社長メッセージ

ものづくり・人づくりで更に社会へ貢献できる会社へ

株式会社神岡セラミックは、日本特殊陶業100%出資子会社として1982年に創立して以来、「ものづくり・人づくりで更に社会へ貢献できる会社へ」のスローガンのもと、私たちが最も得意とするセラミック精密研磨技術を生かした、セラミックグロープラグと切削工具を中心に、ものづくりの道を歩んできました。

今は、機械や乗り物が高精度・高性能になりました。また、ものづくりの現場も、最新の技術を支える、安全面、環境面、設備面が大きく変化しています。それらを充実されることはもちろん、社会から求められるニーズの変化に対して、意欲を持って働くひと、チームワークに力を入れることこそ、経営者の仕事だと思っています。

私たちの使命は、世の中に役立つ製品を作り続けることです。それを実現するために必要な「人づくり」は私たちの企業コンセプトとも言えるでしょう。

ものづくりを支える人づくりこそ、神岡セラミックが長年積み重ねてきた企業文化、つまり私たちの強みなのです。

「人づくり」が現場に溢れている会社

「人づくり」は社内でどのような場面に現れるのでしょうか。

私は、ひとり一人の技量というよりも、社員同士の信頼関係に基づいた技術の継承、相手の成長を願う積極的なコミュニケーションに現れていると感じています。神岡セラミックはそのような場面が職場に溢れている会社です。

人事評価でも、年功序列ではない、ひとり一人のモチベーションと目標達成率を第一に考えた人事評価制度を採用しており、「人づくり」を目に見える成果として評価しています。

私は、5年前に神岡に来ました。最初は田舎暮らしに戸惑ったこともありましたが、今は、飛騨の自然、食べ物に魅了され、この街の素晴らしさに感動し、本当に神岡に来てよかったと思っています。

しかし、神岡の現実は、少子高齢化社会が進み、若者の地方離れが深刻な町です。また、子育てをしながら働く女性にとって働き場所が多い町ではありません。
そんな地域性であっても、Uターン、Iターンを問わず、働く意欲に満ち溢れている人を多く惹きつける魅力ある会社にしていくことが私の仕事だと思っています。

時代に合わせ、企業戦略の一環として新製品の開発を進めていきますが、「人づくり」がなければ実現するわけがありません。

未来の神岡のために、未来の神岡セラミックのために、「人づくりを中心としたものづくり」をもっともっと推し進め、精密研磨技術をもって社会に貢献する企業に成長するよう社員一丸となって邁進していきたいと思います。

取締役社長

新藤 知昭

会社案内

会社概要
会社沿革
社長メッセージ